Weiss Ratings、仮想通貨93銘柄の評価を発表!


アメリカの独立した評価機関であるWeiss Ratingsが、仮想通貨93銘柄の評価を発表した。同社はBTCの評価をB-に引き上げた。今回の発表では、ETH、IOTA、NEO、XRP、STEEM、TRX、XLMを含む14銘柄がBであり、54銘柄はCであった。
評価基準について、同社は次のように述べた。「A =優れている。B =良い; C =フェア; D =弱」であり、さらに「プラス記号またはマイナス記号は、それぞれグレード範囲の上3分の1または下3分の1を示します。さらに、Fグレードは、失敗したか、または詐欺の可能性のある仮想通貨に割り当てられています」ということだ。ただし93銘柄のうち、F格付けの銘柄はない。
同社は加えて「仮想通貨は、投資家の利益を上げるためにAグレードを達成する必要はありません。「B」または「B-」も、「購入」と同等の投資評価として適格である。同時に、投資家は「C」格付けに過度に警戒すべきではない。合格点です。投資家にとっては、「保留」に相当することを意味します。」と述べた。
同社のサービスは ↓ から閲覧でき、eメールアドレスを用いてサインアップ後、利用可能となる。

https://www.weissratings.com/