「Ethereum(イーサリアム)」、1億1000万回検索される!


2015年にイーサリアムが世に出て以降、そのブロックチェーンおよび仮想通貨へ与えるインパクトは大きいものとなっている。過去2年間に渡り、「Ethereum(イーサリアム)」という語句は1億1000万回検索され、#ethereum のツイート回数は1日に2万回に及ぶ。
イーサリアムネットワークは2億4000万回の取引を行ってきており、今年1月4日には、24時間で130万回の取引を記録した。この日初めて、アクティブアドレス数は100万を上回り、35万のアドレスが新規に作成された。
時価総額トップ100のトークンのうち94%、トップ800トークンを見れば、それらの87%がイーサリアムベースで作られている。つまりイーサリアムベースのトークンについて、2017年に実施されたトークンセールの調達額55億USDおよび2018年の1月から3月までに実施されたトークンセールの調達額65億USDの大部分を占めるといえる。

https://www.ccn.com/the-word-ethereum-has-been-googled-more-than-110-million-times/