BLOCK.ONE、EOS独自のメインネットを開始!


EOSブロックチェーンプラットフォームの開発者であるBlock.Oneは、EOSトークンの年間販売を通じて40億USD以上を調達した。ウォールストリートジャーナルによると、ICO史上1位の資金調達という。これは史上2位となったテレグラムの調達額17億USDの2倍以上だ。
EOSはいわゆるプラットフォームトークンで、MicrosoftのWindows OS(コンピュータ用)やGoogleのAndroid用携帯電話(ブロックチェーン)に匹敵するオペレーティングシステムを表す。これまでに最もよく知られているプラ​​ットフォームトークンは、イーサリアムプラットフォームのトークンであるEtherだ。2つのシステムの間の競合は、仮想通貨ののブロックチェーンネットワークが分散したコンセンサスを達成することを目指す2つのアルゴリズムの、「作業の証明」(PoW)と「ステークの証明」(PoS)の間にある。
PoWベースの暗号化通貨は、トランザクションを検証して新しいブロックを作成するために、計算集約的なパズルを使用する。新しいトークンは、エネルギーの使用に等しい「マイニング」によって作成される。これらのネットワークは低速で高価になる。現時点ではこれらの問題を緩和する方法が議論されているが、コストと制限を課すマイニングによって作成される新しいトークンは変更できないという一般的な問題がある。対照的に、PoSベースの暗号通信では、次のブロックの作成者は、ランダム選択(すなわち、ステーク)の様々な組み合わせによって選択される。これらのプラットフォームには容量に関する問題はなく、トランザクションコストはほとんどない。
これらのプラットフォームの重要な成功要因の1つは、短期間で鮮明なエコシステムを作り、それらのプラットフォームでいわゆるdApp(分散アプリ)を構築しようとするプログラマーや起業家に魅力を感じさせることだ。EOSの生態系を強化するために、Block.OneはEOSを構築する新興企業に10億USD以上を投資すると約束している。この資金は、Mike NovogratzのGalaxy Digital、Eric Sc​​hmidtのTomorrowVentures、Christian Angermayerの FinLab など、有名なベンチャーファンドとのさまざまなパートナーシップを通じて運営されている。NovogratzとAngermayer(彼の持ち株Cryptology Asset Group PLC経由)もBlock.Oneの株主である。
EOSの成功から利益するための最良の方法は、EOSトークンを保持することであり、FinLabフランクフルト証券取引所に上場され、(国際証券番号:DE0001218063)は、EOSのサクセスストーリーに参加するための良い間接的な方法だ。

http://bitcoinist.com/block-one-starts-mainnet-eos-tokens-rise/