リップル、テキサス大学に200万USDを投資!


テキサス大学オースティン校は、リップルから資金提供を受ける学術機関の1つとなった。The Daily Texan によると、同社は今後5年間にわたり200万USDをMcCombs School of Businessのブロックチェーンリサーチ機関に投資することを約束した。
CoinDeskによれば、リップルは5000万USDを、複数の大学に投資しており、プリンストン大学、MIT、その他14の世界的機関が名を連ねる。テキサス大学オースティン校によれば、ビジネススクールだけではなく、メディカルスクールもブロックチェーンリサーチに関心があるという。
McCombs School of Businessは今年4月からブロックチェーンカンファレンスを開いており、参加者は約300名である。ゴールドマンサックスのシニア・フィンテック・エクイティ・リサーチャーであるJim Schneider、IBMグローバル・ブロックチェーン・サービシズのJason Kelly、デルのRadia Perlman、リップルの法人決済部門ディレクターRyan Gaylor、米国証券取引委員会弁護士のDave Hirsch等の顔ぶれが見られる。このカンファレンスは2019年にも開催予定である。
https://www.mccombs.utexas.edu/centers/blockchainによれば、カンファレンスの目標は「教員と大学院生のブロックチェーン研究のサポート」と「ブロックチェーン、仮想通貨、デジタル決済に関連する主要なコンセプトを学生に教えること」である。さらに、産業界やメディアとの関係促進も意図されているとのことだ。

https://www.coindesk.com/ripple-to-invest-2-million-in-texas-universitys-blockchain-research/