シティグループとバークレイズ、試験的ブロックチェーンプロジェクトに参加!


近年、金融機関はブロックチェーン技術の利点を認識し始めており、その匿名性、スピード、およびセキュリティは、日々の取引で使用する銀行にとって非常に魅力的と言える。巨大多国籍テクノロジー企業IBMと外国為替サービス企業のCLSは、トライアル版のアプリストアLedgerConnectの作成を発表した。このプラットフォームは、数カ月のうちに発売される予定である。LedgerConnectを使用すると、ブロックチェーン技術に基づいたプログラムに関心のある銀行は、プラットフォームの試用版を使用可能となる。
これらの金融機関は、Baton Systems、Copp Clark、Calypso、IBM、SynSwap、OpenRiskなどのブロックチェーンベンダーを選定する予定である。理論的には、銀行はLegerConncetを使用してプロジェクトをブロックすることをオプトインする方が容易であり、これらのバンクは、互換性のない複数のプロトコルを使用するのではなく、同じブロックチェーンプロトコルを使用することも可能。
最近はウォール街の銀行がブロックチェーン技術の可能性を認識している。問題を解決し、セキュリティを向上させるために、これらの金融機関は異なるブロックチェーンテクノロジープラットフォームをテストしている。Bitchinのような基盤技術であるブロックチェーン技術は、機密情報を安全に送信する方法であり、その匿名性とスピードは、個人データとセキュリティを扱う銀行にとって非常に魅力的である。シティグループとバークレイズを含む著名な9銀行は、レッジ・コンセプトにキーを入れることを決定した。シティグループとバークレイズは過去にさまざまなスタートアップと提携し、複数の問題に取り組むプロジェクトの構築を支援してきた。

https://ethereumworldnews.com/citigroup-and-barclays-join-experimental-blockchain-project/