ドイツNo.2証券取引所、ICOプラットフォームを開発中!


ドイツの第2位の証券取引所がICOプラットフォームを開発中だという。Boerse Stuttgartは、現在開発中の「デジタル資産」の「エンドツーエンドインフラ」の一環としてプラットフォームを展開する予定であり、ICOプラットフォームにより、トークン発行者は「標準化された透明性の高いプロセス」でトークン販売を行うという。 この証券取引所の発表は、仮想通貨取引アプリの計画を明らかにした数カ月後に始まる。Bisonと呼ばれるこのアプリは、9月にリリースされる予定。
同社はまた、流通市場を二次市場に設定し、それに応じて新しいサービスを設計している。CEOのアレクサンダー・ホプナー氏は、ICOプラットフォームを介して発行されたトレーディングトークンは、流通市場で取引可能と述べた。これは、ICOにとって重要な成功要因であり、同時に基盤整備された信頼できる環境のためのリテールおよび機関投資家の需要に応えている。ホプナー氏は、同社が金融監督当局と綿密に協力する予定だと付け加えた。

https://www.coindesk.com/germanys-no-2-stock-exchange-is-developing-an-ico-platform/