『金持ち父さん 貧乏父さん』の著者、USDはあてにならないと発言!


『金持ち父さん 貧乏父さん』の著者、ロバート・キヨサキは、USDはあてにならないと発言し、さらにビットコインや他の仮想通貨は「庶民の通貨」と述べ、法定通貨を超えることを示唆した。キヨサキ氏の他の著書では、金・ビットコイン・他の仮想通貨が金融市場の崩壊に対して、どのように良いヘッジであるかを述べている。キヨサキ氏はさらに、金銀は神のお金、法定通貨は政府のお金、仮想通貨は庶民のお金と述べた。一連のキヨサキ氏の同様の発言と同様の考えを示したのが、ビル・ゲイツ氏やゴールドマンサックスの元マネージャーであるノミ・プリンス氏である。ただし、彼らは公にはビットコインや仮想通貨に対して関心を示すことはしていない。

https://www.ccn.com/rich-dad-poor-dad-author-is-bullish-on-bitcoin-says-usd-is-a-scam/