全世界の上位50大学の42%、仮想通貨関連講座を提供!


アメリカの仮想通貨取引所Coinbaseの最近の調査によると、全世界の上位50大学のうち42%が、仮想通貨およびブロックチェーンに関する講座を少なくとも1つ提供していることが分かった。この調査の結果はCoinbaseの公式ブログ(コインベースによる調査の結果)に28日に掲載された。この調査はCoinbaseと調査会社Qriouslyによって行われ、50の大学で675人のアメリカ国内の学生に質問した。172の講座のうち、15%は経済学・ファイナンス学・法学・ビジネス学部であり、4%は社会学部であった。
調査によると、ブロックチェーンおよび仮想通貨関連の講座はアメリカ国内で最も人気があり、18大学のうち5大学が少なくとも1つの講座を提供していた。ブロックチェーン関連の講座はスタンフォード大学とコーネル大学で最も人気があり、講座数はそれぞれ10と9であった。ペンシルバニア大学とシンガポール国立大学が後に続き、それぞれ6と5であった。
バークレーのコンピューターサイエンスの教授Dawn Song氏はCoinbaseに、同氏のブロックチェーン・仮想通貨経済・技術の未来・ビジネスと法の講座は極めて人気であり、70人が定員の講義室に200人の学生が集まると述べた。Cointelegraphは8月序盤に、香港大学の自然科学・科学技術ビジネススクールは、2000万USDの補助金を受けたと述べた。同時期にトルコは大学水準のブロックチェーン研究センターを設立している。

https://cointelegraph.com/news/coinbase-research-42-of-top-50-universities-offer-at-least-one-crypto-related-class

2018年9月5日