IT担当大臣は、ブロックチェーン推進派!


安倍内閣の内閣改造に伴い一部の議員が留任されている中、10月2日付けで科学技術・IT担当大臣に平井卓也衆院議員の入閣が決定。今回の内閣改造に伴い、12名が初入閣となったこともあり、専門家からは党に対し内向きに向いたのではと党内の安定に配慮した形として見られているが、平井議員に対しては一部からは期待の声が上がっている。その理由として、平井議員はブロックチェーン推進派であり、フィンテックのキーマンとしても知られていることに他ならない。同議員は自民党のIT戦略特命委員長・フィンテック推進議員連盟の会長として新しい技術に対し積極的に活用していく姿勢を示しており、今後、政治やあらゆる公的機関にブロックチェーンを活用していくとして期待されている。
現在、地方創生に一部の自治体からICOによる資金調達やブロックチェーン技術の活用が試験的に行われている事から今後、地方創生分野にも関わって来ることも考えられる。政府内にてどの分野にフィンテック、ブロックチェーンが使われていくべきなのかは、有識者である平井議員が大臣に就くことで積極的に前進していくことだろう。

https://www.fnn.jp/posts/00402171CX