シンガポール金融管理局、仮想通貨取引所や関連事業を支援!


シンガポール金融管理局(MAS)が、仮想通貨取引所や関連事業を行うスタートアップに対して銀行口座開設など簡易的なサービスを受けられるよう支援する方針を示した。国によって仮想通貨関連の企業に対し、厳しい姿勢を取る事例もしばしば見受けられる。例えばインドでは銀行など金融機関に対して仮想通貨企業への口座提供を行わないよう規制している。
MASが前向きに支援する目的としてフィンテック業界の強化を目的としており、Ravi Menon長官は銀行に対し、国内の仮想通貨スタートアップへのサービス提供のハードルを下げるように要請したという。国からそのような要請をすることで、今後積極的に関わろうとしているスタートアップ企業にとっては心強いと言っていいだろう。

https://www.ccn.com/singapore-central-bank-will-aid-crypto-startups-in-opening-bank-accounts/