三菱UFJ銀と三菱商事、Rippleの「xCurrent」で国際送金実験!


三菱商事、三菱UFJ銀行等は、米Rippleの金融機関向け国際送金ソフト「xCurrent」を利用し、タイ・シンガポール間の国際送金の実証実験を5月14日に開始。国内企業の実口座を利用したxCurrentの国際送金実験は初。
三菱商事の子会社が、三菱UFJ銀行子会社であるタイのアユタヤ銀行(Bank of Ayudhya Public Company)と、シンガポールのスタンダートチャータード銀行(Standard Chartered Bank)にそれぞれ保有する口座間で国際送金を行う。タイ中央銀行が運用している、特区内での実証実験制度「レギュラトリーサンドボックス制度」を活用する。
xCurrentは、取引前に手数料を確認したり、取引後に送金ステータスを追跡できたり、着金が速いといった特徴がある。三菱UFJは、「今後xCurrentを実用化できた場合も、既存の銀行間送金『国際銀行間通信協会』(SWIFT)と並行して運用していく」としている。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1805/15/news096.html